「In the way」と「on the way」の違いは何ですか?

①「In the way」は、「道を塞いで、邪魔になって」という意味で使用されます。

His head is in the way, so I can’t see the TV.

彼の頭が邪魔で、テレビが見られない。

②「On the way」は、「途中で」または「間もなく到着(今、向かっている)」という意味で使用されます。

He stopped by the convenience store on the way (to the office).

彼は、(オフィスに行く)途中でコンビニに立ち寄った。

The ambulance is on the way.

救急車が間もなく到着します。

難易度:6/10
関連リンク:「午前(中)に」といいたい場合、「in the morning」と「on the morning」、どちらが正しいですか?

ジャーニー・ホール英会話学校

「broke」、「is broken」、「was broken」はどのように使い分ければ良いですか?

先ず、それぞれ以下のような意味を持ちます。

broke = 壊れた(動詞「break」の過去形)
is broken = 壊れている(現在形のbe動詞に形容詞「broken」)
was broken = 壊れていた(過去形のbe動詞に形容詞「broken」)

従って、以下のように使用されます。

The tablet broke when he dropped it on the floor.

彼が床に落としたときに、タブレットは壊れた

The tablet is broken and needs to be fixed.

タブレットは壊れているので、修理する必要がある。

The tablet was broken when he bought it.

タブレットは、彼が買った時には壊れていた

難易度:5/10
関連リンク:「Amazed」、「surprised」、「shocked」に違いはありますか?

「〜かどうかに関わりなく」という意味で使用される「whether or not」で、「or not」は省略可能ですか?

省略可能な場合と、省略不可な場合があります。以下の場合のみ「or not」は省略不可です。

「whether」が含まれる名詞節が、動詞を修飾する場合:

They will play the game whether or not it rains.

尚、以下の①〜③の場合、「or not」は省略可能です。

「whether」が含まれる名詞節が、文の主語の場合:

Whether (or not) the game will be played depends on the weather.

「whether」が含まれる名詞節が、動詞目的語の場合:

He wonders whether (or not) the game will be played.

「whether」が含まれる名詞節が、前置詞目的語の場合:

The game will be played depending on whether (or not) it rains.

難易度:9/10
関連リンク:「Instead of」と「rather than」の違いは何ですか?

「都市Aは、都市Bより〇〇時間早い」といいたい場合、どのようにいえば良いですか?

一般的に以下のように表します。

都市A + is + 基数 + hour(s) + ahead of都市B

New York is 3 hours ahead of Los Angeles.

ニューヨークはロサンゼルスより3時間早い。

逆に、「〇〇時間遅い」といいたい場合、以下のようになります。

Los Angeles is 3 hours behind New York.

ロサンゼルスはニューヨークより3時間遅い。

尚、単に「3時間の時差がある」といいたい場合は、以下のように表します。

There’s a time difference of 3 hours.

または、

There’s a 3-hour time difference.

There’s a time difference of 3 hours between Los Angeles and New York.

There’s a 3-hour time difference between Los Angeles and New York.

ロサンゼルスとニューヨークには、3時間の時差がある。

難易度:5/10
関連リンク:「太平洋時間」の頭字語として「PT」、「PDT」、「PST」を見かけますが、これらの違いは何ですか?

「一つの組織に所属する複数の人(従業員、部員)」という意味で「staff」を使用する場合、「staff」と「staffs」のどちらが使用されますか?

「一つの組織に所属する複数の人(従業員、部員)」を指す場合、「staff」が使用されます。

尚、「staff」は集合名詞であるため、「一つの組織」として扱われる場合、三人称単数の動詞が使用されます。

The staff of the team works toward a common goal.

そのチームのスタッフ(一つの組織として)は、同じ目的に向かって取り組んでいる。

但し、「staff」の中の個人を強調する場合、三人称複数の動詞が使用されます。

The staff are always learning from each other.

スタッフ(個人個人)は常にお互いから学んでいる。

尚、使用する場面はあまり多くありませんが、「staff」の複数形は「staffs」になります。「複数の組織のスタッフ」を指します。

The staffs of all local volunteer groups were at the meeting.

すべての現地のボランティアグループのスタッフは、その会議の場にいた。

 

 

難易度:7/10
関連リンク:「Family」は、単数扱いですか?それとも複数扱いですか?

「I got tired」、「I am tired」、「I was tired」の違いは何ですか?

先ず、それぞれ以下のような意味を持ちます。

I got tired = 私は疲れた(動詞「get」の過去形に形容詞「tired」)

I am tired = 私は疲れている(現在形のbe動詞に形容詞「tired」)

I was tired = 私は疲れていた(過去形のbe動詞に形容詞「tired」)

I got tired from playing basketball.

私は、バスケットボールをして疲れた

I am tired from playing basketball.

私は、バスケットボールをして疲れている

I was tired from playing basketball.

私は、バスケットボールをして疲れていた

難易度:5/10
関連リンク:「be tired from…」と「be tired of…」の違いは何ですか?

「ムカついた、腹が立った」といいたい場合、どのようにいいますか?

一般的に以下のように表します。

主語got pissed off

He got pissed off at the car in front of him.

彼は、前の車にムカついた。

逆に「ムカつかせた、腹を立たせた」といいたい場合、一般的に以下のように表します。

主語pissed目的語off

The car in front of him pissed him off.

彼の前の車が、彼をムカつかせた。

難易度:5/10
関連リンク:「〇〇はキレた」といいたい場合、どのようにいいますか?

「bread」と「toast」に違いはありますか?

「bread」は「パン」のことであり、「toast」は「スライスされたパンの表面を焼いたもの」のことです。

To make a panini, you have to put the bread in the toaster to make the toast.

パニーニを作るには、トーストを作るためパンをトースターに入れる必要があります。

難易度:4/10
関連リンク:英語でも、コンビニやスーパーでもらう「ビニール袋」のことを「vinyl bag(ビニール袋)」といいますか?

「especially」と「specially」に違いはありますか?

両方とも似た意味を持つ副詞であり、場合によっては入れ替えて使用できることもあります。一般的な識別ルールは以下になります。

①「とても、非常に」という意味の場合、「especially」が使用されます。

The movie was especially good. ◯

The movie was specially good. X

その映画はとても良かった

②「特に、特別に、とりわけ」という意味の場合、「especially」が使用されます。

The French onion soup was especially delicious. ◯

The French onion soup was specially delicious. X

フレンチオニオンスープが、特に美味しかった。

③「特別な目的のために」という意味の場合、「especially」、「specially」の両方が 使用されます。

The cake was made especially for his birthday. ◯

The cake was made specially for his birthday. ◯

そのケーキは、彼の誕生日のために作られた。

④「特別なやり方で、特別な方法で」という意味の場合、「specially」が使用されます。

The VIP customer was treated specially. ◯

The VIP customer was treated especially. X

そのVIP客は、特別丁寧に扱われた。

参考:Merriam-Webster’s Dictionary

難易度:8/10
関連リンク:「I really don’t like him」と「I don’t really like him」の違いは何ですか?

冠詞「the」には複数の発音がありますか?

はい、「the」には「thuh」と「thee」の二つの発音があります。これらの使い分けは冠詞「a」と「an」の場合と同じです。ネイティブの中には感覚的に使い分けている人もいれば、知らない人もいます 。

① 子音(「a, e, i, o, u」以外のアルファベット)の音で始まる単語の前の場合、「thuh」の発音になります。

I went to the(「thuh」)library.

私は図書館に行きました。

② 母音(「a, e, i, o, u」のアルファベット)の音で始まる単語の前の場合、「thee」の発音になります。

I went to the(「thee」)art museum.

私は美術館に行きました。

上記の例外として、 続く単語が子音の音で始まる場合でも、それを強調したり重要であることを主張する為に 、「thee」の発音が使用されることがあります。

He’s the(「thee」) leader of the(「thuh」)team.

彼は、チームのリーダーである。

What’s the(「thee」)name of the(「thuh」)store?

そのお店の名前は何ですか?

参考:Merriam-Webster Dictionary

難易度:7/10
関連リンク:「A」と「an」の違いは何ですか?