「何かが悪くなって来ている」と言いたい時に、「is going bad 」と何て言いますか?

「Is going bad」は「悪くなって来ている」と 表現する時に使います。通常、食べ物などが「腐る(悪くなって来ている)」と言う時によく使います。

The yogurt that has been in the refrigerator for 2 weeks is going bad.

冷蔵庫の中にもう二週間も入っているヨーグルトは悪くなって来ている。

*主語が複数の場合、「are」になります。

事業や経済(の状況)が「悪くなって来ている」と表現したい場合は、「is doing bad」を使います。

The Japanese economy is doing bad ever since the yen got stronger against the U.S. dollar.

日本の経済は、円がアメリカドルに対して強くなった時から悪くなって来ている。

難易度:5/10
関連リンク:「何かが臭い(臭う)」と言う時に「it’s stinky」と言う?

今週の「今」を示す「this」ですが、その前に前置詞は必要ですか?

「This」がある場合、時間(時制)に使用する前置詞「at」、「on」、「in」などは通常使用しません。また、「this」と同じように「last(前の)」と「next(次の)」の場合も前置詞を使用しません。

I have a meeting this week.

私は今週、会議があります。

I had a meeting last month.

私は先月、会議がありました。

I will have a meeting next year.

私は来年、会議があります。

※「I have to come in next week.」と言う文の場合、「in」は「next week」に掛かる前置詞ではなく、「come in(伺う、行く)」と言う、句動詞の一部になります。

難易度:4/10
関連リンク:時制の前置詞、「at」、「on」、「in」の使用はどう区別する?

「A number of…」と「the number of…」の違いは何ですか?

「A number of…」は「たくさんの~」、「the number of …」は「~の数」という意味です。また、「a number of…」は「many」のような形容詞として使われるため、複数扱いされるのに対し、「the number of…」は「~の数(は)」という表現なので、単数扱いとなります。

A number of…の例:

A number of students are enrolled in Japanese class.

たくさんの生徒が日本語のクラスに登録した。

*「a number of…」は「many」や「a lot of」と同じように形容詞として使われているので、使われるbe動詞は複数の「are」です。

The number of…の例:

The number of students who enrolled in Japanese class is 35.

日本語のクラスに登録した生徒数は35名である。

*文章の中に「students」(複数の生徒)とありますが、主語は「number」である為、動詞は単数の「is」になります。

「A number of…」や「the number of…」が文の主語になる場合は、動詞の変化に気を付けましょう。

難易度:5/10
関連リンク:「Type of」と「kind of」の違いは?

「assume」と「presume」の違いは何ですか?

両方とも「思い込む」というような意味を持ちますが、違いは確信度にあります。「assume」は証拠・根拠なく、物事を推定・想定する時に使用します。その一方、「presume」は合理的な証拠・根拠に基づいて推測するときに使用します。

I don’t know anything about the new teacher, but I assume that he’s going to be mean.

私は新しい先生について何も知らないけど、彼は怖いと思う。

The ship capsized 5 days ago and the rescuers presume that all passengers are dead.

船は5日前に沈没し、救助者は乗客者全員が死亡したと考えている(推測している)。

難易度:8/10
関連リンク:動詞の「bloom」と「blossom」の違いは何?

「Learned」と「learnt」を両方聞いたことがありますが、どちらが正しいですか?

「Learned」と「learnt」は両方とも実際の単語であり、「learn」の過去形でもあり、過去分詞でもあるので、どちらを使用しても大丈夫です。
(learn-learned-learned または、learn-learnt-learnt)

「Learned」は、イギリス英語とアメリカ英語両方で使用されますが、「learnt」は一般的にイギリス英語で使用されます。

He learned his alphabets in kindergarten.(米)(英)

He learnt his alphabets in kindergarten. (英)

彼は、アルファベットを幼稚園で習った。

他にも、同じように変化する動詞は以下になります。

burned/burnt
dreamed/dreamt
kneeled/knelt
smelled/smelt
spoiled/spoilt
spelled/spelt

※「Passed/past」は異なります。
「Passed」は、「pass(通る、(時間)が過ぎる、パスを出す)」の過去形と過去分詞ですが、「past」は「過去、過ぎた」という意味を持つ名詞、形容詞、副詞、前置詞になります。

参考:Oxford Dictionaries

難易度:6/10
関連リンク:「Has/have」と「has/have + got」の違いは?

「週一回」と何て言いますか?

「Once a week」または、「once every week」と言います。
もし「two weeks」のように期間の単位が複数になる場合、「a」は使用できない為、「every」を使用し、「once every two weeks」と表現します。
※「Week(週)」を「month(月)」や「year(年)」に入れ替えることもできます。

I go to the gym once a week.

私はジムに一ヶ月に一回(度)行きます。

I wash my car once every two months.

私は(自分の)車を二ヶ月に一回(度)洗います。

「三年に二回」など、2回以上と言いたい場合は、「twice every three years」と表現し、頻度・回数を調整することも可能です。

They go on a business trip to Germany twice every three years.

彼らは、三年に二回ドイツへ出張に行く。

難易度:3/10
関連リンク:「Once」と「one time」の違いは何ですか?

「◯◯で忙しい」と英語で何と言いますか?

「◯◯で忙しい」と言いたいときは、「be動詞 + busy with + 行っているもの・こと(=名詞)」で表します。

I’m busy with this project.

私はこのプロジェクトで忙しい。

または、「be動詞 + busy + 動名詞(-ing/~すること)+(目的語)」と、表現することも出来ます。
*目的語が必要ない場合もあります。

I’m busy doing my homework.

私は宿題をしていて忙しい。

難易度:4/10
関連リンク:「◯◯が苦手」と何て言う?

「運命」と言う時に、「fate」と「destiny」と言う単語を耳にしますが、違いは何ですか?

両方とも「運命」と言う意味を持ちますが、ニュアンスに違いがあり、文章での使い方も異なりますので、気を付けましょう。

①「Fate」は、「決められた/自分の力では変えられない」運命を表し、悲観的な場面によく使われます。

It was fate that he would lose both of his parents in a tragic accident.

彼が両親を悲惨な事故で亡くすのも運命だった。

②「Destiny」は、「与えられた/託された」運命を表し、ポジティブなこと、場面に使われます。

It was destiny for him to become the greatest basketball player ever.

史上最高のバスケットボール選手になることは、彼の運命であった。

参考:quora.com

難易度:7/10
関連リンク:動詞の「bloom」と「blossom」の違いは?

「メールをする」と言う場合、「email」をそのまま動詞で使用できますか?

「Email」は動詞としてでも名詞でも使用できます。

①「Email」が動詞の場合:

I email clients everyday about the order.

私はクライアントに毎日、注文に関してメールをする。

②「Email」が名詞の場合:

They write about 25 emails a day.

彼は一日に約25通のメールを書く。

難易度:3/10
関連リンク:「Commute」は、「通勤」と「通学」両方に使用できますか?