「食べ放題」といいたい場合、どのようにいえば良いですか?

「All-you-can-eat」といいます。

We went to an all-you-can-eat sushi restaurant.

私たちは、寿司食べ放題のお店に行きました。

尚、「飲み放題」は「all-you-can-drink」といいます。

It is all-you-can-drink for 2 hours.

2時間飲み放題です。

難易度:4/10
関連リンク:Eat out」と「eat outside」の違いは何ですか?

「2週間前の火曜日」といいたい場合、どのようにいえば良いですか?

いくつか言い方がありますが、Googleの検索結果の件数順に並べると以下のようになります。

①「Two Tuesdays ago」– 21,900件

②「A week ago last Tuesday」– 10,800件

③「The Tuesday before last」– 2,090件

また、「3週間前の火曜日」を表す表現をGoogleの検索結果の件数順に並べると以下のようになります。

①「Two weeks ago last Tuesday」– 6,120件

②「Three Tuesdays ago」– 252件

※2018年5月26日に検索実行

難易度:5/10
関連リンク:「一日おき」といいたい場合、どのようにいいますか?

「一番前の(もの)」といいたい場合、どのようにいえばよいでしょうか?

「One in the very front」といいます。尚、「一番後ろの(もの)」といいたい場合は、「one in the very back」といいます。
※「one in the front/back」の場合、単に「前/後ろの(もの)」という意味になってしまいます。

また、「前/後ろから◯番目の(もの)」と言いたい場合、以下のように表します。

「序数 + (one) from the + front/back」

従って、「前から2番目の(もの)」と言いたい場合、「second (one) from the front」といいます。

難易度:5/10
関連リンク:「一番右の(もの)」といいたい場合は、どのようにいえばよいでしょうか?

「筋肉痛」といいたい場合、どのようにいえば良いですか?

一般的に「sore muscle(s)」といいます。

I have sore muscles from working out yesterday.

私は昨日筋トレをしたので、筋肉痛です。

また、「(ある部位)が筋肉痛である」といいたい場合、一般的に以下のように表します。

「I + have + a + sore + 部位」

I have a sore back.

(私は)背中が筋肉痛です。

対象の部位を主語にして以下のように表すことも可能です。

「My + 部位 + 現在形のbe動詞(is/are)+ sore」

My legs are sore.

(私の)両脚が筋肉痛です。

難易度:5/10
関連リンク:「私は~をする気にならない」といいたい場合、どのようにいえばよいでしょうか?

「一番右の(もの)」といいたい場合は、どのようにいえばよいでしょうか?

「One on the very right」または「one on the far right」といいます。尚、「一番左の(もの)」といいたい場合は、「one on the very/far left」といいます。

また、「右/左から◯番目の(もの)」と言いたい場合、以下のように表します。

「序数 + (one) from the + left/right」

従って、「右から2番目の(もの)」と言いたい場合、「second (one) from the right」といいます。

難易度:5/10
関連リンク:一番年上の姉のことを何と言いますか?

「気になっていた」といいたい場合、どのようにいえばよいでしょうか?

どのように「気になっていた」かにより、いい方が異なります。

中立的な場合:

I was curious about what it was.

私は、それが何なのか気になっていた。

興味を持っていた場合:

I was interested in the new movie.

私は、その映画が気になっていた(興味があった)。

心配していた場合:

I was worried about the weather.

私は天気が気になっていた(心配していた)。

違和感を感じていた場合:

The mosquito bite bothered me.

私は、蚊に刺されたところが気になっていた(違和感を感じていた)。

難易度:6/10
関連リンク:「記念」と言いたい時に「anniversary」を使用するかと思いますが、悲惨な出来事の記念でも「anniversary」になりますか?

「(どれくらいの)時間がかかった」といいたい場合、どのように表しますか?

一般的に以下のように表します。

「It took + かかった時間(の単位)」

It took ten minutes.

(それは)10分かかった。

尚、「〜するのに(どれくらいの)時間がかかった」といいたい場合は、以下のように表します。

「It took + かかった時間(の単位)+ to + 原形の動詞」

It took ten minutes to read.

読むのに10分かかった。

また、「It took」の代わりに「I took」にしてしまうと「私は(どれくらいの)時間をかけた」という能動的(意図的)な意味になってしまいます。

I took ten minutes to read.

私は読むのに10分かけた。

難易度:4/10
関連リンク:時間を表す「8:07」はどのように読めばよいですか?

「〇〇が流行っている」といいたい場合、どのようにいえばよいでしょうか?

カジュアルな言い方ですが、一般的に以下のように表します。

「主語(何が)+ be動詞 + in」
※be動詞は現在形になります

Tight jeans are in.

タイトなジーンズが流行っている。

Posting a selfie with your pet on social media is in.

ペットと一緒に写ったセルフィーをSNSに投稿することが流行っている。

「〇〇が流行っていた」といいたい場合、「be動詞」は過去形になります。

Baggy pants were in during the early ‘90s.

90年代前半には、ダブダブのズボンが流行っていた。

難易度:4/10
関連リンク:「病気が流行っている」はどのようにいえばよいでしょうか?

英語で「インフルエンザ」はどのようにいいますか?

英語での「インフルエンザ」の正式な病名は「influenza」ですが、一般的に「flu」といいます。「Influenza」は主にウイルスの名称として使用されます。

The flu is a contagious respiratory illness caused by influenza viruses.

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる伝染性の呼吸器疾患である。

「私はインフルエンザにかかっている」といいたい場合:

I have the flu. ◯

I have the influenza. X(一般的に使用されません)

「インフルエンザA型ウイルスが流行っている」といいたい場合:

The influenza A virus is going around. ◯

The flu A virus is going around. X

参考:CDC(疾病対策センター)

難易度:4/10
関連リンク:「Disease」と「illness」に違いはありますか?

「在庫がある」といいたい場合、どのようにいえばよいでしょうか?

一般的に「in stock」といいます。

The new tablet is in stock.

新しいタブレットは在庫がある。

一方、「在庫がない」といいたい場合は、「out of stock」または「not in stock」といいます。

The new tablet is out of stock.

The new tablet is not in stock.

新しいタブレットは在庫がない。

※「在庫がある」といいたい場合、「in stock」の代わりに「available」を使用することも可能です。但し、「available」には「市販されている、販売されている」という意味もあります。

The new tablet is available in Japan, but it’s not in stock right now.

新しいタブレットは日本で販売されているが、今は在庫がない。

難易度:5/10
関連リンク:「For sale」と「on sale」の違いは何ですか?