「.(ピリオド)」は、「“”(クオーテーションマーク)」の中に入りますか?

アメリカ英語の場合、「.」は「“”」の中に入ります。
一方、イギリス英語の場合、「.」は「“”」の外に置きます。

「“”」は主に、作品名や直接引用文に使用されます。

作品名の場合:

米)Steven Spielberg won an Academy Award for “Schindler’s List.”

英)Steven Spielberg won an Academy Award for “Schindler’s List”.

直接引用文の場合:

米)The teacher said, “Don’t forget to do your homework.”

英)The teacher said, “Don’t forget to do your homework”.

難易度:7/10
関連リンク:どのような時に「‘’(シングルクォーテーションマーク)」を使用しますか?

「Thank you Sam.」と「Thank you, Sam.」、どちらが正しいですか?

「Thank you, Sam.」が正しいです。お祝いや感謝などの言葉の後に、「,(コンマ)が入り、名前が続きます。

Congratulations Sam! X

Congratulations, Sam! ◯

難易度:4/10
関連リンク:「Hi, John.」と「Hi John,」、句読点の位置はどちらが正しいですか?

文が「Washington D.C.」や「etc.」のように「. (ピリオド)」が付く省略形で終わる場合、「.」は二つ必要ですか?

いいえ、必要ありません。文法上、「.(ピリオド)」が二つ続くことはありません。従って、文が「.」を含む省略形で終わっても「.」は一つになります。

Housing prices have been increasing recently in Washington D.C.. X

Housing prices have been increasing recently in Washington D.C. ◯

It’s recommended to eat green leafy vegetables such as lettuce, cabbage, kale, etc.. X

It’s recommended to eat green leafy vegetables such as lettuce, cabbage, kale, etc. ◯

難易度:5/10
関連リンク:「.(ピリオド)」と「,(コンマ)」は、「“”(クォーテーションマーク)」の内側と外側のどちらに来ますか?

「Hi, John.」と「Hi John,」、句読点の位置はどちらが正しいですか?

どちらも正しいですが、使い分ける必要があります。

① 小説のように、第三者として人の会話(台詞)を書く場合、「Hi, John.」になります。

Pam: Hi, John. How are you today?

John: I’m doing good. How about you?

② 当事者として、Johnにメールなどを書くときの挨拶の場合は、「Hi John,」になります。

Hi John,

Thanks for your prompt reply and clarification regarding the issue.

難易度:7/10
関連リンク:敬称(「Mr.」、「Mrs.」、「Ms.」、「Miss」)の後に来るのは「名(first name)」と「姓(last name)」どちらが正しいですか?

「午前/午後」の表記として「am/pm」、「AM/PM」、「a.m./p.m.」、「 A.M./P.M.」と様々な表記を目にしますが、どれが正しいですか?

どれが正しいというのは特になく、個人の好みとなります。
因みに、AP Style(アメリカで採用されている記事を書く際の基準)では「a.m./p.m.」 が使用されます。

参考:AP Style

難易度:—
関連リンク:時間を表す「8:07」はどのように読めばよいですか?

「.(ピリオド)」と「,(コンマ)」は、「“”(クォーテーションマーク)」の内側と外側のどちらに来ますか?

アメリカ英語では一般的に内側に来ます。一方、イギリス英語では一般的に外側に来ます。

※「クオーテーションマーク」は、作品の題名や直接引用をする場合に使用されます。

作品の題名で使用される場合の例:

Mike’s favorite book is “For Whom the Bell Tolls.” (米)

Mike’s favorite book is “For Whom the Bell Tolls”. (英)

直接引用で使用される場合の例:

“Welcome back,” said Sally. “It’s been a long time.” (米)

“Welcome back”, said Sally. “It’s been a long time”. (英)

尚、「?(クエスチョンマーク)」や「!(エクスクラメーションマーク)」が、作品の題名や直接引用文に含まれる場合は、アメリカ/イギリス英語関係なく、「“”」の内側に来ます。

以下のように、本の題名が「Where’s Waldo?(日本版タイトル:「ウォーリーをさがせ! 」)」のように「?」が題名に含まれる 場合、「?」は「“”」の内側に来ます。

Peter bought the last copy of “Where’s Waldo?”

Peter bought the last copy of “Where’s Waldo”?

また、以下のように直接引用文が「This coffee is too hot!」のように「!」が直接引用文に含まれる場合、「!」は「“”」の内側に来ます。

Jennifer said, “This coffee is too hot!”

Jennifer said, “This coffee is too hot”!

難易度:6/10
関連リンク:「Aah」と「ahh」の違いは?

「Mrs.」、「Ms.」、「Miss」の違いは何ですか?

3つとも全て女性の名前を呼ぶときに使用するもので、日本語の「~さん」にあたります。名前の前に置き、結婚しているかどうかで使い分けます。

Mrs. – 既婚の女性に使う

Ms. – 既婚/未婚に関係なく女性に使える
※中性なのでビジネスのシーンでよく使用されます。

Miss – 未婚の女性に使う
※小さい女の子にも使える。

難易度:—
関連リンク:女性でも「chairman」?