「辛い(からい)」と言いたい時、「hot」と言いますか?それとも「spicy」と言いますか?

両方とも「辛い(からい)」という意味を持ちます。「Hot」は「辛い」の他に、「熱い」、「カッコイイ(イケてる)」という意味を持ちます。一方、「spicy」は「辛い」という意味しか持たないため、食べ物が「辛い」と言いたい場合は、「spicy」を使用した方が確実で混乱を招きません。

This ramen is hot.

文だけから判断すると「このラーメンは熱い」と「このラーメンは辛い」の両方とも意味が通ります。また、「このラーメンはイケてる」とも解釈できます。

This ramen is spicy.

「このラーメンは辛い」の意味にしかならないので、間違うことはありません。

難易度:2/10
関連リンク:「Indian」は「アメリカン・インディアン」それとも「インド人」のこと?

「Type of」と「kind of」の違いは何ですか?

「Of」の後に名詞をともない、どちらも「〜のある(ひとつの)種類」と言う意味になります。「Type of」は、よりフォーマルな印象を与え、ビジネスシーンなどでは、好まれて使用されます。

Microsoft Windows is a type of operating software.

Microsoft Windows is a kind of operating software.

Microsoft WindowsはOSのひとつの種類である。

また、口語で「kind of」を副詞的に使用する場合、「多少」、「どちらかと言ったら」の意味を持ちますが、この用法は、「type of」にはありません。また、「sort of」を同じように使用することもあります。

That math test was kind of difficult. ◯

That math test was sort of difficult. ◯

That math test was type of difficult. X

あの数学のテストはどちらかといったら難しかった。

難易度:5/10
関連リンク:「A number of…」と「the number of…」の違いは何ですか?

「A lot of 」と「lots of」の違いは何ですか?

両方とも「たくさんの〜」の意味で、可算名詞、不可算名詞のどちらにも使用できます。「Lots of~」は、少々カジュアルなニュアンスとなります。

① 可算名詞の場合は、「たくさんの〜」なので、複数形になります。

A lot of students came to the party. ◯

Lots of students came to the party. ◯

たくさんの生徒たちがパーティーに来た。

② 不可算名詞の場合は、複数形は存在しないので、単数扱いとなります。

A lot of water spilled on the carpet. ◯

Lots of water spilled on the carpet. ◯

たくさんの水がカーペットにこぼれた。

難易度:4/10
関連リンク:「A few」と「few」の違いは?

「Once」と「one time」の違いは何ですか?

どちらも「一回」という意味を持ちますが、「one time」が使用されることは殆どなく、通常「once」を使用します。

One time ➡︎ once

Two times ➡︎ twice

三回目以降は、「数字 + times」になります。「三回」の意味を持つ「thrice」という単語は存在しますが、殆ど使用されることは無く、「three times」が一般的です。

例)six times, fifty times, million times

難易度:2/10
関連リンク:「週に一回」って何ていう?

「Everyone」と「everybody」の違いは何ですか?

「Everyone」と「everybody」は、どちらも「みんな(全員)」の意味で、使い方にも特に違いはありません。但し、「everybody」、は多少カジュアルな印象を与えるので、文章を書く際には「everyone」が使用されることが多いです。

Is everyone alright? ◯

Is everybody alright? △

みんな(全員)大丈夫ですか?

参考:Cambridge Dictionaries

難易度:3/10
関連リンク:「Anyone」と「anybody」の違いは?

「12 a.m.」と「12 p.m.」、どっちが正午になりますか?

「12 p.m.」が「正午(noon)」、「12 a.m.」が「深夜(midnight)」です。

深夜12時~午前11時59分までは、「a.m.」です。
正午12時~午後11時59分までは、「p.m.」です。

難易度:2/10
関連リンク:「Day」と「date」の違いは何ですか?

「This/these」と「that/those」の違いは何ですか?

「This」は「これ」という意味で「これ」を指す対象が1つ(単数)の時に使います。

例)This pen is mine.

この(1本の)ペンは私のです。

「These」は「this」の複数形で「これら」という意味になり、対象が2つ以上の時に使います。また、対象が「ひとつ」か「それ以上」なのかが焦点となるため、実際に的確な数を把握する必要はありません。

例)These pens are mine.

これらの(2本以上の)ペンは私のです。

「That」は「その」という意味で「その」を指す対象が1つ(単数)の時に使います。

例)That pen is mine.

その(1本の)ペンは私のです。

「Those」は「that」の複数形で「それら」という意味になり、対象が2つ以上の時に使います。また、対象が「ひとつ」か「それ以上」なのかが焦点となるため、実際に的確な数を把握する必要はありません。

例)Those pens are mine.

それらの(2本以上の)ペンは私のです。

難易度:2/10
関連リンク:「An」と「a」の違いは?

「Mrs.」、「Ms.」、「Miss」の違いは何ですか?

3つとも全て女性の名前を呼ぶときに使用するもので、日本語の「~さん」にあたります。名前の前に置き、結婚しているかどうかで使い分けます。

Mrs. – 既婚の女性に使う

Ms. – 既婚/未婚に関係なく女性に使える
※中性なのでビジネスのシーンでよく使用されます。

Miss – 未婚の女性に使う
※小さい女の子にも使える。

難易度:—
関連リンク:女性でも「chairman」?

「Friend’s」と「friends’」では「s」が「’」の前と後ろに位置されていますが、違いは何ですか?

「Friend’s」と「friends’」は共に「友達の~」の意味ですが、友達が一人の場合と、二人以上の場合によって、使い分けます。

単数(一人の友達)の場合 → 「Friend’s」
複数(二人以上の友達)の場合 → 「Friends’」

Friendsに所有の「’s」をつけて、「friends’s」とすると「フレンズズ」と「ズ」が重なって言いづらいので、後ろの「s」を省略してしまったと考えると分かりやすいかもしれません。

例)単数の場合

My friend’s car.

私の(一人の)友達の車(1台)。

例)複数の場合

My friends’ cars.

私の(二人以上の)友達の車(二台以上)。

※ 複数の友達がそれぞれ自分たちの車を所有しているというニュアンスになります。よって、後ろの「cars」も複数形となります。

※ また、仮に友達が双子でその二人が一台の車を共有している場合、以下のようになります。

My friends’ car.

私の(二人以上の)友達の車(一台)。

※ 一台の車なので、「car」は単数形のまま。

難易度:3/10
関連リンク:「仲が良い」と英語で何と言う?

「In the end」と「at last」の違いは何ですか?

①「In the end」は「最後に(最終的に)」という意味で、物事の最後であることを表します。

In the end, the confetti and balloon fell from the ceiling.

最後に紙吹雪と風船が天井から降ってきた。

②「At last」は「finally」と同じようにただ「最後に」というより、「やっと、遂に」といったニュアンスを持ちます。

At last, his team won its first game of the season.

彼のチームはやっとこ今季最初の勝利を飾った。

難易度:4/10
関連リンク:「At times」と「at all times」の違いは何ですか?