「Some」と「several」の違いは何ですか?

両方とも「幾つか」という意味を持ちますが、使用方法に違いがあります。

①「Some」は、可算名詞と不可算名詞の両方を修飾することが出来ます。

Some companies ◯

Some water ◯

②「Several」は、可算名詞のみを修飾することが出来ます。

Several water X

Several books ◯

難易度:3/10
関連リンク:「Someone」と「somebody」に違いは?

質問する時に「some」と「any」を区別する必要はありますか?

質問を聞く時点で相手から肯定の回答を期待している場合は、主に「some」が使用されます。そのような先入観がない場合は、「any」が使用されます。

相手がコーヒーに砂糖を入れると思っている場合:

Do you want some sugar with your coffee?

相手がコーヒーに砂糖を入れるか入れないか分からない場合:

Do you want any sugar with your coffee?

また、「some」の使用に加えて、質問が否定形になると、「でしょ?、良いの?」と言う確認のニュアンスになります。

Don’t you want some sugar with your coffee?

コーヒーに砂糖入れなくても良いの?

難易度:5/10
関連リンク:「Some」は単数扱い?それとも複数扱い?

「Some」は単数扱いですか?それとも複数扱いですか?

「Some」は日本語で「いくつか」と言う意味を持つ為、複数扱いと思われがちです。しかし、実際には、「some」が指す名詞が不可算か可算かにより、異なります。

①「Some」が「furniture(家具)」や「water(水)」のように不可算名詞を指す場合は、単数扱いになります。

Some (of the furniture) is worth selling.

いくつか(の家具)は売る価値がある。

②「Some」が「rooms(部屋)」や「cars(車)」のように可算名詞を指す場合は、複数扱いになります。また、名詞は必ず複数形になります。

Some (of the rooms) are available.

いくつか(の部屋)は空いている。

難易度:5/10
関連リンク:「Someone」と「somebody」の違いは何ですか?