「May」と「might」の違いは何ですか?

「May」と「might」は、ほとんど同じように使用され、言い換え可能です。文脈によりどちらかがより好まれることもありますが、間違いになることはありません。以下に、二つの単語の主な使用を紹介します。

①現在(近い未来)の可能性のことを話す場合、よく使用されます。

It may rain in the afternoon today.

It might rain in the afternoon today.

今日の午後に雨が降るかもしれない。

*ある文法の本によると、(何かが起こる/起こらないの)可能性がどちらかと言うと低い場合は、「might」で高い場合は、「may」とありますが、このルールはflexibleです。

②過去の可能性のことを話す場合、「might have」と「may have」がよく使用されます。

I might have been drunk when I said that.

I may have been drunk when I said that.

それを言った時、私は酔っていたかもしれない。

③過去に起こりえたけど、実際に起こらなかったもの(出来事)を話す時に関しては、「might have」の方が一般的に使用されます。偶に「may have」が使用される場合もあります。

If he had studied last night, his grades might have been better. ◯

If he had studied last night, his grades may have been better. ◯

もし昨夜彼が昨夜勉強をしていたら、彼の成績はもっと良かっただろう。

④「May」は丁寧に許可を得る質問をするときに使用します。また「may」と「might」は両方とも、丁寧に提案するときに使用します。

May I be excused?

席を外しても宜しいでしょうか?

You might want to try a different store. ◯

You may want to try a different store. ◯

(あなたは)もう別の店を当たって見た方が良いかも知れません。

参考:Merriam-Webster Dictionary

難易度:7/10
関連リンク:「Can」と「could」の違い