「Internet」の「I」は、大文字、小文字どちらで表記されますか?

固有名詞の場合、先頭の文字は大文字になり、一般名詞の場合は小文字になります。AP Style (アメリカで採用されている記事を書く際の基準)によると2015年までは、「Internet」は固有名詞と見なされていましたが、2016年からは一般名詞と見なされるようになりました。従って、現在では小文字の「internet」が一般的に使用されます。

About 3 billion people all over the world use the Internet now. (2015年まで)

About 3 billion people all over the world use the internet now. (2016年から)

現在、世界中で約30億人がインターネットを使用している。

※「Web(ウェブ)」も同じく2016年から一般名詞と見なされるようになった為、「web」と小文字で表記されるようになりました。

参考:AP Style

難易度:7/10
関連リンク:「Earth」の「e」は大文字?それとも小文字?

「◯◯製」と言いたい場合、何と言えば良いですか?

たまに「Gucciの時計」のことを「watch of Gucci」と間違える人がいます。しかし、ブランド名は形容詞として使用されている為、「Gucci(ブランド名) + 時計(品物)」と表現します。従って、「Gucci watch」となります。

I got a Coach bag for my birthday. ※ブランド名は固有名詞の為、頭文字は大文字となります。

私は誕生日にCoachのバッグをもらいました。

難易度:3/10
関連リンク:形容詞の順番にルールはありますか?

「Earth」の「e」は大文字ですか?それとも小文字ですか?

惑星名として固有名詞で使われる場合、大文字の「E」で「Earth」になります。また、この場合は、固有名詞である為、単語の前に「the」は必要ありません。しかし、「大地」や「土」の意味で使用される場合は、小文字の「e」で「earth」になります。

The astronauts came back to Earth after spending 2 weeks in space.

宇宙飛行士は2週間宇宙で過ごした後、地球に戻って来た。

Drilling contractors are digging up earth to discover more oil.

掘削請負業者は、より多くの石油を発見する為、大地を掘っている。

参考:AP Stylebook

難易度:6/10
関連リンク:タイトル(題名)や見出しなどで何(どの単語)が大文字になりますか?

タイトル(題名)や見出しなどで何(どの単語)が大文字になりますか?

AP Style(アメリカで採用されている記事を書く際の基準)では、一番最初の単語と固有名詞の頭文字が大文字になります。

記事の見出しの例:Leaders of Russia and India met in New Delhi to discuss free trade

Leaders = 一般名詞ですが、見出しの一番最初の単語である為、大文字

of = 前置詞である為、小文字

Russia = 地名(固有名詞)である為、大文字

and = 接続詞である為、小文字

India = 地名(固有名詞)である為、大文字

met = 動詞である為、小文字

in = 前置詞である為、小文字

New Delhi = 地名(固有名詞)である為、大文字

to = 不変化詞ある為、小文字

discuss = 動詞である為、小文字

free trade = 一般名詞である為、小文字

参考:AP Stylebook

難易度:4/10
関連リンク:「Earth」と「earth」の違いは?