「あなたたち」と複数の相手(二人称複数)に対して、「you」を使用しても大丈夫ですか?

「You」は、「あなた(単数)」と「あなたたち(複数)」の両方を指すことができます。アメリカ英語では、カジュアルな場面で、「あなたたち」と言いたい場合、「you guys」を使用することもあります。「Guys(奴、野郎)」は、一般的には「男性」を指す単語ですが、この場合は女性も含みます。丁寧な言葉ではない為、フォーマルな場面では、「you」を使用します。

カジュアルな場面で複数の人をお昼に誘う場合:

Do you guys want to get lunch together?

フォーマルな場面で複数の人をお昼に誘う場合:

Do you want to get lunch together?

また、「あなたたちの〇〇(所有形容詞)」と言いたい場合は、「your」になります。「Your guys’s」とは言わないので、気を付けましょう。

Did you (or you guys) bring your lunch box?

あなたたちは、お弁当を持ってきましたか?

難易度:3/10
関連リンク:文の主語の性別が分からない場合、後に続く代名詞は何?

「Each」と「respective」の違いは何ですか?

「Each」は「各」という意味を持ち、「respective」は「それぞれの〜」と言う意味を持ちます。「Each」の後には、単数の可算名詞が来ます。一方、「respective」の後には、複数の可算名詞(場合により、不可算名詞にも使用可)が来ます。「Respective」は、「それぞれの〜」の元となる複数形の主語に合わせて目的語と一緒によく使用されます。

Each team member is responsible for his role on the team.

各チームメンバーは、自分のチームでの役割を果たす責任がある。

Students will drive their own respective cars to the concert.

生徒たちは、それぞれの車でコンサートに行く。

難易度:5/10
関連リンク:「Former」と「latter」はどう言う意味を持ちますか?

動物の場合、代名詞はいつも「it」になりますか?

一般的に単数の代名詞である「he/she」は人に対して使用され、「it」は人間以外の物や事などが使用されます。

少し専門的になりますが、AP Style(アメリカで採用されている記事を書く際の基準)では名前のない動物の単数代名詞に、「it」が使用されます。名前のある動物で性別が分かっている場合は、「he」と「she」を区別して使用されます。

※動物が複数である場合、名前の有無と性別関係なく、代名詞は複数の「they」になります。

① 名前のない動物の場合は、「it」を使用します。

It ran into the woods to hide.

② 名前のある動物の場合は、「he/she」を使用します。

She ran into the woods to hide.(メスの動物の場合)

参考:AP Stylebook

難易度:3/10
関連リンク:関係代名詞の「that」と「who」の違いは?

「Someone」と「somebody」に違いはありますか?

「Someone」と「somebody」は、どちらも「誰か」を意味し、基本的に違いはありません。但し、「somebody」は多少カジュアルな印象を与えるので、文章を書く際には「someone」が使用されることが多いです。
※動詞は単数扱いになります。

Someone has to clean the classroom. ◯

Somebody has to clean the classroom. △

誰かが教室をキレイにしなければいけない。

参考:Cambridge Dictionaries

難易度:3/10
関連リンク:「Everyone」と「everybody」の違いは?

「Each other」と「one another」の違いは何ですか?

両方とも「お互いに」と言う意味を持ちますが、「each other」は「二人の間」の場合に使用されます。また、「one another」は「三人以上の間」の場合に使用されます。

Mike and Jill helped each other.

MikeとJillは、お互いに助け合った。

Mike, Jill and Sam helped one another.

Mike、Jill、Samは、お互いに助け合った。

難易度:4/10
関連リンク:「Between」と「among」の違いは?

「None」は単数扱いですか?それとも複数扱いですか?

「None」は単数扱いと思われがちですが、実際には、「none」が指す名詞が不可算か可算かにより異なります。

①「None」が「furniture(家具)」や「water(水)」のように不可算名詞を指す場合は、単数扱いになります。

None (of the furniture) is worth selling.

どれ(どの家具)も売る価値がない。

②「None」が「rooms(部屋)」や「cars(車)」のように可算名詞を指す場合は、複数扱いになります。
※可算名詞の母数が複数である為

None (of the rooms) are available.

(いくつかある部屋の)どれ一つも空いていない。

難易度:6/10
関連リンク:「Any」の後に来る名詞は単数、それとも複数?

「Everyone」と「everybody」の違いは何ですか?

「Everyone」と「everybody」は、どちらも「みんな(全員)」の意味で、使い方にも特に違いはありません。但し、「everybody」、は多少カジュアルな印象を与えるので、文章を書く際には「everyone」が使用されることが多いです。

Is everyone alright? ◯

Is everybody alright? △

みんな(全員)大丈夫ですか?

参考:Cambridge Dictionaries

難易度:3/10
関連リンク:「Anyone」と「anybody」の違いは?

「He’s」と「his」の違いは何ですか?

① 一般的に「he’s」は「he is」の短縮形であり、「彼は(~です)」という意味を持ちます。「He(彼)」は、主語であり、「is(は)」は、現在形のbe動詞です。

He’s smart.
(He is smart.)

彼は頭が良い。

また、現在進行形(be動詞 +(動詞)-ing)の文の始まりにもなります。

He’s reading a book.
(He is reading a book.)

彼は、本を読んでいる。

②「His」は所有形容詞であり、「彼の」という意味を持ちます。

His dog is cute.

彼の犬は可愛い。

難易度:3/10
関連リンク:「He’s」の省略は「he is」のみですか?