「私は初めて〜した」といいたい場合、どのようにいえばよいですか?

以下のように表わすことができます。

I(主語)動詞の過去形for the first time

または、

It wasmy(所有格)first time動名詞

I snowboarded for the first time.

It was my first time snowboarding.

私は初めてスノーボードをした。

Tom went to Okinawa for the first time.

It was Tom’s first time going to Okinawa.

Tomは初めて沖縄に行きました。

難易度:5/10
関連リンク:「I used」、「I used to」、「I am used to」の違いは何ですか?

日本語でいう「マンション」と、英語の「マンション」に違いはありますか?

はい、あります。日本語の「マンション」は「比較的大型の集合住宅」を指しますが、英語で「マンション」は「大邸宅、屋敷(以下の写真参照)」を指します。

尚、日本語の「マンション」に相当する英語は「apartment」または「condominium」になります。「Condominium」を省略して「condo」ともいいます。

例:

高級マンション = luxury apartment / luxury condo(minium)

高層マンション = high-rise apartment / high-rise condo(minium)

難易度:4/10
関連リンク:フロアの「階」数を表す時に使用される「ストーリー」は、「物語」を意味する「story」と同じスペルですか?

「私は〇〇にハマっている」といいたい場合、どのようにいえばよいですか?

以下のように表わすことができます。

I(主語)be動詞into目的語(ハマっているもの)

※動詞(be動詞)は現在形になります。

I’m into cryptocurrency.

私は仮想通貨にハマっている。

尚、「目的語」のところに「動名詞」または「動名詞句」を持ってくることも可能です。

He’s into collecting the limited edition trading cards.

彼は、限定版のトレーディングカードの収集にハマっている。

※「into」を「hooked on」と入れ替えることも可能です。

He’s hooked on collecting the limited edition trading cards.

難易度:4/10
関連リンク:「〇〇に飽きた、〇〇にうんざりした」といいたい場合、どのようにいえばよいですか?

相手の不幸や悩みに対して「それは残念ですね、それはお気の毒ですね」と同情を示したい場合、どのようにいえばよいですか?

「I’m sorry to hear that」または「That’s unfortunate」といいます。また、カジュアルな表現として「That’s too bad」があります。

Aさん:My dog passed away last week.(私の犬は先週亡くなった。)

Bさん:I’m sorry to hear that.(それはお気の毒ですね。)
※上記の「I’m」を除いて、「 Sorry to hear that」でも大丈夫です

Aさん:I didn’t pass the driving test.(私は運転免許の試験に合格しませんでした。)

Bさん:That’s too bad. Hopefully, next time.(それは残念ですね。次回は受かるといいですね。)

難易度:5/10
関連リンク:「Died」、「passed away」、「deceased」に違いはありますか?

「行く途中で」といいたい場合、どのようにいえばよいですか?

一般的に「on the way」を使って表現します。尚、「〇〇に行く途中で」と
いいたい場合は、「on the way to 〇〇」となります。

I ran into Mark on the way to the bank.

私は銀行に行く途中でMarkにばったり会った。

尚、「〇〇に戻る途中で」といいたい場合は、「on the way back to 〇〇」となります。

I ran into Mark on the way back to the office.

私はオフィスに戻る途中でMarkにばったり会った。

「〇〇から戻る途中で」といいたい場合は、「on the way back from 〇〇」となります。

I ran into Mark on the way back from the bank.

私は銀行から戻る途中でMarkにばったり会った。

「帰宅中」といいたい場合は、「on the way home」となります。

I ran into Mark on the way home.

私は帰宅中、Markにばったり会った。

難易度:6/10
関連リンク:「Have been」と「have gone」の違いはありますか?

「〜したい」といいたい場合、どのようにいえばよいですか?

以下のように表わすことができます。

「主語 + want(s) to +動詞の原形」
※動詞「want」は現在形になります。

I want to sleep.

私は寝たい。

He wants to play basketball after school today.

彼は今日の放課後、バスケットボールをしたい。

尚、「〜したかった」といいたい場合は、以下のように動詞「want」を過去形に変えます。

「主語 + wanted to + 動詞の原形」

They wanted to go home early last night.

彼らは昨夜、早く家に帰りたかった。

難易度:3/10
関連リンク:よく「wanna」と見かけたり、聞いたりしますが、どう言う意味ですか?

「一生懸命〜する」といいたい場合、どのようにいいますか?

一般的に以下のようにいいます。

「動詞 + hard」

I work hard every day.(現在形の動詞)

私は、毎日一生懸命働いている。

I studied hard for the test.(過去形の動詞)

私はそのテストの為、一生懸命勉強をした。

尚、「一生懸命頑張る」は一般的に「try hard」といいます。

Everyone on the team respects him because he always tries hard.

彼はいつも一生懸命頑張っている為、チームの全メンバーは彼のことを尊敬している。

尚、「(自分の)ベストを尽くす」といいたい場合、「do my best」といいます。

難易度:4/10
関連リンク:「それは、面倒臭い」は、どのようにいいますか?

「一日おき」といいたい場合、どのようにいいますか?

「Every other day」といいます。

I go to the gym every other day.

私は一日おきにジムに行きます。

Every other week = 一週間おき

Every other month = 一ヶ月おき

Every other year = 一年おき

「〇〇日おき」といいたい場合、「every 〇〇 days」となります。

従って、「二日おき」といいたい場合、「every 2 days」となります。

難易度:4/10
関連リンク:「週一回」と何て言いますか?

「それは、面倒臭い」は、どのようにいいますか?

一般的に「It’s a hassle」といいます。尚、「〜をすることは面倒臭い」といいたい場合は、以下のように表します。

It’s a hassle to enter all the sales numbers into the system.

全ての売り上げの数字をシステムに入力することは面倒である(面倒臭い)。

文の構造を変えて、以下のようないい方も出来ます。

Entering all the sales numbers into the system is a hassle.

※主語を動名詞に変更

難易度:6/10
関連リンク:「I am bored」と「I am boring」の違いは何ですか?

ファーストネーム「Robert」のニックネーム(愛称、省略)は、「Bobby」以外にありますか?

はい、「Bobby」以外にも、一般的に「Bob」、「Rob」、「Robby」があります。

尚、一般的な男女のファーストネームと対応するニックネームは以下になります。

※アルファベット順

難易度:—
関連リンク:「Mrs.」、「Ms.」、「Miss」の違いは何ですか?